新サッカー ユニフォーム 着こなし 海外

サッカー ユニフォーム特化する「メガブランド構想」を打ち出し大再編に踏み切ったが、一時的な混乱が生じた。厳密にいえば、五輪前年の12月31日時点で23歳未満の選手のみの大会)。日本ではこれまでは有資格の代理人、弁護士、家族に限られていたが、今後は日本サッカー協会に登録さえすれば、誰でも仲介業務を行なえるようになる。 モーゼル、湘南から広瀬健太、大宮から川田修平、長崎から上形洋介を期限付き移籍で獲得。